FC2ブログ

セックスレス解消と原因@離婚を防ごう

セックスレスの原因と解消方法をご紹介してます。セックスレスが原因での離婚は防げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後セックスレスの原因と症状

夫婦がセックスレスになりやすい時期として「産後」にセックスレスなるケースが多いとされいます。
奥さんの産後にセックスレスになってしまい、以後ずっとセックスレスになってしまう夫婦もいます。

では、なぜ産後にセックスレスになりやすいのでしょうか?

理由はいくつか考えられますが、産後におこる女性ホルモン分泌の変化が挙げられます。

産後に赤ちゃんに授乳している女性は、セックスの時に分泌される「オキシトシン」「プロラクチン」といった女性ホルモンが、授乳することで分泌されるため性欲が少なくなるからです。つまり授乳することで性的に満足してしまうのです。

性的な欲求が少なくなる上に、会陰切開などによってSEX対する不安や恐怖、そして痛みを感じてしまう女性がいたり、育児で疲れてしまい、夫とセックスする気が薄れてしまうのです。

一方、夫は奥さんをセックスに誘っても何度も断られてしまうと、徐々にセックスする気がなくなり、気がついたら産後セックスレスになっていた、というパターンが多いのです。男性でもセックスの誘いを断られ続けるとやはり傷つきます。

産後セックスレスになっても男性である夫の性欲が無くなったわけではないので、夫が浮気にはしるケースもあります。浮気まですると離婚の危機にもなってしまいます。多くの男性は膣への挿入で射精しなくても、他の方法で射精すれば、性的満足を得られるので、できるだけ夫の性的欲求を理解してあげて下さい。

産後セックスレスになる原因のひとつに、夫が出産に立ち会ったケースもあるので、無理やりに夫を出産に立ち会ってもらうのは考えものです。神聖な出産を見たがために、奥さんを女性としてではなく「子供のママ」と思ってしまうのかもしれません。

子供が生まれてもパパとママの関係にならずに、男性と女性の関係を維持するためには、お互いの努力も必要です。産後すぐにセックスするのは良くありませんが、1ヶ月検診が終わったあとは、セクシャル・コミュニケーションをとるのも大切です。

育児はもちろん大切ですが、産後セックスレスにならない為には、やはり努力が大切です。

セックスレスの原因とカウンセラー

セックスレスの原因は大きく分けると「肉体的な原因」と「精神的な原因」の2種類あります。

肉体的な原因としては、男性の勃起不全(勃起障害)や女性の性交痛があります。勃起不全の場合は薬で治ったり、性交痛の女性は潤滑剤を使うことでセックスレスを解消できるときもあります。

むしろセックスレスの原因で深刻なのは「精神的な原因」だと言われており、セックスレスを解消するのに長い時間と労力を要します。

精神的な原因としては、性的嫌悪感や性欲減退が挙げられます。
性的嫌悪感は男性に多くみられ、妻である奥さんに対して性的な魅力を感じなくなり、セックスができなくなります。
症状がヒドイ場合は、恐怖症を覚えるほどになったり、セックスだけでなくキスや抱擁にも嫌悪感を感じるようになります。

妻に対して愛情よりも家族愛のほうが勝ってしまい、セックスが近親相姦のように感じる錯覚を起こすのが原因のようです。

このように精神的な原因は、男性側に原因があることが多いと言われており、女性側が原因のセックスレスの何倍も多いそうです。

夫婦仲を良い関係の場合は、セックスレスの治療も夫婦2人で診察を受けるそうですが、中々解決されずに途中で諦めてしまって、セックスレスが原因で結局、離婚にまで発展するケースもあります。

セックスの悩みを他人に相談するのは非常に勇気が必要ですが、セックスレスを解決するには夫婦2人で悩んでも、早期に解決するのは難しいのです。
早めに勇気を出してセックス・セラピストや日本性科学会の会員セックス・カウンセラーに相談することをお勧めします。

セラピストやカウンセラーのセックス治療専門家に相談するだけで、気持ちがリラックスしたり、第三者の意見を聞くことでセックスへの認識が変わるかもしれません。

セックスは夫婦の愛情表現のひとつですから「たかがセックスレス」と思わずに、早めに解決するように努力が必要ではないでしょうか。

セックスレスの本当の意味

「セックスレスって、どの程度の期間、性交渉がない場合をいうんだろう?」って、思ったことはありませんか。

ちょっと気になって、調べてみました。

1994年に日本性科学会が、発表しているセックスレスの定義は、概略次のとおりです。
「特殊な事情が認められないのに、カップルの合意した性交またはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上もない場合。またその後も長期間つづくことが予想される場合」
だそうです。

セックスレスって、性交渉がない場合だけじゃないんですよね。セックスレスの定義の中にある「セクシャル・コンタクト」には、キスやペッティング等も含まれるそうなので、性交渉が行われているかどうか、という意味ではないのです。

日本性科学会が定義している「セックスレス」夫婦の割合は、2004年に厚生労働省と日本家族計画協会が共同で行った調査結果では、セックスレス夫婦の割合は、約3割だったそうです。

しかも年々増加傾向にあるそうなので、他人事ではありませんね。

ちなみに高齢者夫婦を合わせると、一年間以上も性交渉がない夫婦は全体の約2割だそうです。

アメリカのセックスレスの定義は「性交渉が一年間に10回以下の夫婦」だそうで、1994年にアメリカでの調査結果では、2割の夫婦がセックスレスだったそうです。

アメリカのセックスレスの定義を、日本に当てはめて調査すると3割をはるかに超えるんじゃないでしょうか。もしかしたら半分以上の夫婦が、あてはまるかもしれませんね。


世界的にみると、日本の夫婦は元々セックスの回数が少ないと言われています。日本の文化にハグやキスの習慣を無いのが、セックスレスと関係しているのかもしれません。

セックスレス自体が悪いことだとは思いません。ただ、セックスレスが原因で、家庭不和・不倫そして家庭内暴力に発展して離婚するケースがあるのも事実ですから、夫婦どちらかがセックスレスに対して不満を持っている時は、夫婦でセックスレスの原因を探り、セックスレス解決への努力が必要だと思います。

まずはハグやキスなどのスキンシップこそが大切ではないでしょうか。

 | セックスレス解消と原因@離婚を防ごう | 

最新記事
カテゴリ
セックスレスの原因 (3)
セックスレスと離婚 (4)
セックスレス解消 (1)
恋愛とセックス (4)
RSSリンクの表示
リンク
ランキング
人気ブログランキングへ

  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。